節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。
太陰太陽暦(旧暦)では、立春に最も近い新月を元日とし、月(太陰)の満ち欠けを基準(月切)にした元日(旧正月)と、太陽黄経を基準(節切)にした立春は、ともに新年ととらえられていた。したがって、旧暦12月末日(大晦日)と立春前日の節分は、ともに年越しの日と意識されていたことになる。今も節分を「年越し」「年取り(数え年とは、生まれた日を1歳とし、誕生日に関係なく新年に皆が年を取る数え方)」と呼ぶ地域があるのはこの名残である。
一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる。
【出典:Wikipedia】

今日は節分ですね。
私も子供の頃家族みんなで豆まきしたことを鮮明に覚えています。
ただ残念なことに、自分で家族を持ってからは、
豆まきをする流れを作りませんでした。
なので子供たちとは一度も豆まきをしたことがありません。
保育園では子供たちも豆まきは経験しています。

今では「恵方巻」も一般的となり、
あらゆるお店で様々な巻き寿司をを販売しています。
お弁当屋さんで働いていた時も巻いていましたね。
起源はいろいろな説があるようですが、
元々は大阪から始まって全国に広まったようです。
恵方巻のロスの問題も取りざたされていて、
今年も話題とはなっていました。

さて、我が家では今年も豆はまきませんでした。
おやつとしてはちょくちょくみんなで食べてはいます。
今年の節分は妻が頑張って巻きずしを作ってくれました。
ねぎとろ巻き、サラダ巻き、ツナマヨ巻き、チキン巻き、の四種類でした。
とっても美味しくてあっという間にペロッとなくなりました。
ちなみにチキンはファミマのスパイシーチキンです。
サラダ巻きにはカニカマが入ります。
ねぎとろは「まるたか」というスーパーのマグロがお得です。
量がたくさん入っていてお手頃価格、味もバッチリ美味しいですよ!
次はサーモン巻きも!というリクエストも出ながら、
大変楽しい節分となりました。
せっかくなので来年は豆をまきましょうかね。
おっと、来年の話をすれば鬼に笑われますね^^


【誠実をモットーに安心のポスティングを】
健全なポスティングでクライアント様の発展・成長に貢献します。
地域に密着し、濃密度・丁寧・確実なポスティングをご提供。
結果を出せるポスティングプランをご案内いたします。
諫早市・大村市のポスティングならお任せください。

S.P.S長崎販売促進サービス:林田