最近全国のニュースでは悲惨な交通事故が多く報道されています。
たくさんの尊い命が失われています。
あまりにも悲惨な出来事です。
高齢により正常な運転ができないこと、
アクセルとブレーキの踏み間違い、
赤信号の見落とし、等々、
正式な原因は報道されていないかもしれませんが、
だいたいこのような原因のようです。
事故によってもたらされる悲惨さに対し、
その原因は実に愚かしいことだと感じます。
少し深く考慮すれば事故は起こらなかったはず。
私はそのように感じました。

事故で奥様とお子様を亡くされた御主人が、
奥様とお子様の写真を公開して、記者会見を行っていました。
会見では事故のことを”事件”と呼んでいました。
その通りだと感じます。
不幸な事故などではなく、
運転者が安全運転に必要な行動を怠ったことにより、
尊い生命を奪った悲惨な事件だと思います。

私も車を運転します。
バイクも運転します。
安全運転と言えば、まず自身の安全を先に思い浮かべるかもしれません。
しかし、何より第一に他者の安全を考えるべきなのですね。
昔勤めていた会社で、
「運転免許を持っている時点で皆プロドライバーである。
プロドライバーとしての自覚を持って運転すること」
と厳しく指導されていました。
それまでは、仕事のために運転する人だけがプロドライバーという認識でした。
運転免許は、国から運転を許可された証なんですよね。
その自覚を持って、
常に安全運転を第一に、
最大限に意識して運転をしていこうと、
改めて思いました。
本来は当たり前のことです。
それを実行している人ももちろんいます。
しかし、そうでない人の方がはるかに多い、
私が感じる実感です。
それができていない世の中というのが現実なのです。
①ルール
②モラル
③マナー
この3点を守れてない運転者がいかに多いことか。
スピード超過、
黄信号での交差点侵入、
追い越し禁止車線での追い越し、
横断歩道での不停止、
異常接近、
幅寄せ、
あおり運転、
バイクで走っている私の前の車から、
煙草の吸殻が飛んでくることもあります。
ささいなことかもしれません。
しかしそういう小さな心のおごりと油断が、
取り返しのつかない大事件を引き起こすのだと思います。

事故で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
そして、自動車やバイクのハンドルを握るものとして、
自分自身が改めて安全運転に徹することを誓います。


【誠実をモットーに安心のポスティングを】
健全なポスティングでクライアント様の発展・成長に貢献します。
地域に密着し、濃密度・丁寧・確実なポスティングをご提供。
結果を出せるポスティングプランをご案内いたします。
諫早市・大村市のポスティングならお任せください。

S.P.S長崎販売促進サービス:林田