今日のポスティングは長与町エリアでした。
ほぼ毎月ご依頼のある案件で、
何度も回ってきたエリアでした。
もうエリアも覚えて地図を見る必要もありません。

いつものように回っていて、少し山あいに入った地域でした。
脇道の坂を上りながら数件左側に家があるのでポスティングしていきます。
そのうちの一軒だけ、裏手に回り込んだところに玄関が出てくるので、
そこにあるポストに投函します。
今日はご主人と思しき方がいらっしゃったのでご挨拶しました。
一番上まで上がったら坂を下り、また前に進みます。
すると、また脇道を少し上った所に3件くらいのお宅があるので投函していきます。
その3件のうちの真ん中のお宅に行った時です。
そこでもご主人と思しき方がいらっしゃったので、
「チラシをお入れしてもよろしいでしょうか?」
と声を掛けながらポストに近づくと、
ご主人は笑いながら、
「さっき来たよね」と仰います。
一瞬私の頭は???
改めて玄関周りを見た瞬間に気付きました。
いつも別のルートから投函しているお宅だったのです。
ご主人、「グルーっと回ってさっき来たもんね」
私、「大変申し訳ありません!」
深々と頭をさげ、今初めて気づいたことをお伝えしました。
ご主人は終始笑いながらご対応してくださいました。
今まで気づかずに、同じチラシを毎回2回投函していたのです。
地図の確認ミスです。
本当に申し訳なく思います。
この場をお借りして改めてお詫び申し上げます。

同じお宅を前方から入った時と、
後方から入った時に、
同じ家だとなかなか気づかないことはよくあることです。
投函しようとして既にポストに同じチラシが入っていて、
??????????
しばらく考え込んでようやく気付くようなこともあります。
「さっき自分で入れたじゃん」と安堵の独り言です。
入る方向で、見える景色って結構変わるんですよね。
今回の件は、まず入り口が遠くかけ離れていて、
まさかそこが同じ家だとは想像もしていなかったことが第一の原因です。
改めて地図を確認すると、
確かに、それぞれ長い細道の先で繋がっていました。
初めて回った頃は丁寧に地図を確認していたのです。
ただ、地図で確認するのも一軒一軒全てのお宅を細かく見るわけではありません。
この道を行けばどれぐらいの住宅があるか、
また、違う所に抜けるか抜けないか、などを中心に見ていきます。
漏れがないように、という意識で見ることも多いです。

今回はご主人が寛容な方だったので助かった部分はあります。
しかし、これを一つの教訓として、
同じ過ちを2度と犯さないようにしていかなければなりません。
結果オーライではいけません。
先入観を捨て、丁寧に一軒一軒の景色を目に焼き付けながら、
漏れを無くすのも当然ですが、
ダブりもないように更に丁寧に回るようにいたします。
完璧ということはないのかもしれませんが、
信頼が第一の仕事である以上完璧を目指し、
クライアント様、お客様、全ての方が喜ばれるような、
健全で誠実な仕事を取り組んで参ります。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

【誠実をモットーに安心のポスティングを】
健全なポスティングでクライアント様の発展・成長に貢献します。
地域に密着し、濃密度・丁寧・確実なポスティングをご提供。
結果を出せるポスティングプランをご案内いたします。
長崎市・諫早市・大村市のポスティングならお任せください。

S.P.S長崎販売促進サービス:林田